スタッフ募集 はじめての方へ 第三者機関による 科学的実証データ 脳呼吸法(自分で出来る健康法) 患者様の声 アクセスマップ 治療院紹介
東蒲田本院

■診察時間
月~土 9:00~18:00


■住所
東京都大田区東蒲田2-29-13オマタビル

西蒲田分院

■診察時間
月 9:00~18:00
火~土 14:00~18:00


■住所
東京都大田区西蒲田6-3-1

メールでのお問い合わせはこちら
Perfect Craniology
たった5秒で背骨がまっすぐになる驚異のテクニック!脳脊髄液調整法・CSFプラクティス
安定した脳呼吸による質の高い睡眠をもたらす【実用新案取得】脳呼吸枕
脳の呼吸を整えればあなたの全身はよみがえる!

「withコロナ」社会を生き残るカギは、免疫力と脳呼吸が握っている

①脳細胞が必要十分に活性化できる状態。そして、脳が神経を介して末端の組織の働きを支配し、さらに末端器官の細胞が必要十分に活性化できる状態

②身体の60%以上を占める水分が滞ることなく循環している状態

この二つの状態を兼ね備えた姿であると考えています。


<季節のトピック>
12月~1月はPCR検査陽性の患者が大幅に増加したことから
世の中はテレビを観ても国会でも相変わらずコロナに翻弄されています。

PCR検査陽性者が急増している原因は、11月、12月に脾臓-リンパ系、そして、骨髄(免疫細胞を作る器官)が侵される感染症が流行したことによります。直接的な症状はなかったとしても免疫力、生命力が急激に低下したことで体内の新型コロナウイルスが増殖したことによるものです。
新型コロナウイルス感染症の特徴の一つは、普通の風邪とは違い長期にわたってウイルスが体内に潜伏することだと考えられます。
体内の新型コロナウイルスが増殖することにより、PCR検査陰性者が陽性に変化します。PCR検査は不完全なものなのであまりあてにはなりません。

実は、一般の風邪、インフルエンザ、そして新型コロナウイルスも皆空気感染です。
現代医療は実証医療といわれ、証拠がないものは認めない医学です。しかし、人の体の悪い状況というのは裁判によって決めるものではありません。証拠がなくても推測すべきです。

脳脊髄液調整法では、現代医学のおこなう血液検査や映像検査はしませんが、内蔵体壁反射を使用したボディランゲージ検査というものがあり、現在の体のどこが悪いかを検査することができるだけでなく、体表面から刺激療法を行うことによって体を変化させることができます。リアルタイムで体の状態をチェックしながら施術を行うことができるのです。
東洋医学と同じ経験医療であり科学的に立証することは難しいですが、経験を積むことによって正確に体の状態を把握することができます。逆に現代医療ではこのような体の変化をとらえることはできません。

現代医療とは、もろもろの症状から病名を決定し、薬品会社が研究して作った「その症状を消す薬」を処方するのが仕事であって、病気の原因は関係ないのです。対症療法なのです。

脳脊髄液調整法は患者の体の具合の悪い原因、症状作り出す原因を考え、ボディランゲージで体の状況を判断し、症状の原因を元から無くす原因療法なのです。

新型コロナウイルス感染症はただの感染症ではありません。伝染病です。

【伝染病の予防法】

  1. 伝染源を殺す
  2. 伝染経路を断つ - 手洗い・アルコール消毒・マスク(大きな飛沫は防げるが小さな飛沫は防げない)・換気(小さな飛沫の数を減らす)
  3. 伝染病に対する感受性を下げる

これらを、医者は皆医学部で習っているはずですが、テレビや国会では2のことしか言いません。空気感染であることを認めず、飛沫感染、接触感染にこだわっているのには理由があります。
1の「伝染源を殺す」は現時点では不可能です。
3の「伝染病に対する感受性を下げる」とはわかりにくい表現ですが、わかりやすく言うと免疫力をアップするという意味です。なぜそのようなわかりにくい表現をするかというと、免疫力とは素人用語であって医学用語ではないからです。つまり、「免疫力」を説明することができないのです。「生命力」も同様です。医学的に「免疫系」は詳しく説明されていますが、免疫力に関しては説明できない部分が多いのが現状です。

免疫学は難解ですが、我々は免疫力とは次のように考えています。

現代医療として免疫力を上げる方法はない

免疫力とは何かを最もわかりやすく説明するならば、「細菌、ウイルス、悪性新生物(癌)から体を護る力」となるでしょう。これは誰でも説明できる範囲です。
では、免疫力の根源とは何か。それは体液の流れです。
生きているということは代謝があることです。代謝には体液の流れと組織の細胞の代謝があります。
免疫力とは、体液の代謝(流れ)によって栄養と酸素の供給を行い、老廃物や炭酸ガスの排出によって組織、細胞の機能を正常に保つことです。
体液の流れが低下すると栄養と酸素の供給が減少し、炭酸ガスと老廃物の排出が悪くなります。結果として体液は酸性に傾き、体内の病原菌やヒトヘルペスウイルス6、7型が増殖し、体外から入ってくるウイルスや細菌に対する抵抗力が弱くなります。これが免疫力の低下です。
体液の流れが良くなると栄養と酸素の供給量は増加し、老廃物と炭酸ガスの排出は盛んになるのです。結果として体液は弱アルカリ性となり、ウイルスや細菌に対しての抵抗力が増加します。これが‘免疫力がアップする’ということなのです。
体液の流れが悪くなると免疫力は低下し、体液の流れが良くなると免疫力がアップするわけです。

現代医療として免疫力を上げる方法はない

現代医学には全身の体液の流れを良くする薬も手術もありません。
東洋医学や一般的物理療法では、部分的な体液の流れを改善することによってその部位の症状を軽減させることはできても、全身の体液の流れを改善することはできません。なぜならば、刺激を加える方法が侵襲的で防御反射を利用したものだからです。

脳脊髄液調整法による筋膜ポンプテクニックは、体に防御反射を起こさせることなく脳を始めとする全身の細胞を一瞬にして活性化させる特殊なテクニックです。

脳の血流の増加及び脳細胞の活性化は第三者機関によって証明されているテクニックです。脳細胞の活性化は免疫力だけでなく生命力の活性化にもなるのです。

生命力は免疫力を正常化する原動力であり、生体が生きていくための力です。
しかし、現代医学では免疫力をアップすることも生命力をアップすることもできないため、新型コロナウイルス感染症の予防法で一番肝心な部分である免疫力を上げることに触れないのです。
では、免疫力を上げることはできなくても免疫力を下げないようにするためにはどのような生活が良いのでしょう。
免疫力を上げる方法として、一般的には「食事・運動・体を温める・精神的ストレスを溜めない・よく眠る」などといった「○○して免疫力アップ」という言葉があふれていますが、こういった情報は医学的根拠のないものがほとんどです。

1.睡眠不足 西暦2000年以降、体内のヒトヘルペスウイルスの増殖によって脳圧が上昇し熟睡ができない状態にあります。できるだけ早く床に就き、横たわる時間を長くすることは大切ですが、睡眠薬や飲酒は体に大きな負担をかけるため免疫力の低下につながります。
2.栄養バランス 栄養バランスが悪いと免疫力は下がりますが、バランスが良いからといって免疫が上がるわけではありません。また、直接免疫力を上げる食材やサプリメントは存在しません。栄養のバランスではなく食事の量が重要なのです。食事をとることは、消化と吸収に体力を使うため免疫力を下げることになります。免疫力のことだけを考える場合には栄養のバランスのとれた食事を最小限にとどめることが必要です
3.適度な運動 運動不足で体調が悪くなるということをよく聞きますがそのようなことは起こりません。むしろ休養不足で体調が悪くなるのです。運動にはそれぞれ目的があります。健康を保つための運動と趣味やスポーツとしての運動は目的もやり方も異なるのです。免疫力を上げる運動は全身の代謝を必要以上に上げず(代謝を上げれば体は疲労し老廃物が溜まる)、自律神経の中枢の血流の改善が起こる運動である「脳呼吸法」です。免疫力だけを考えると、重力に逆らう運動はできるだけ避ける(横たわる)ことです。これはあくまで免疫力だけを考えた場合です。ウオーキング・ジョギング・筋トレ・スポーツは疲労が蓄積し、免疫力を下げるのです。
4.体を温める 体温が下がっている時には免疫力は下がっていますが、感染症で免疫力の下がっている時に体を温めるとよけいに免疫力は下がります。体は温めると新陳代謝が盛んになって老廃物がつくられます。老廃物が増えると腎臓等に負担がかかります。

‘脳呼吸法’は唯一の免疫力、生命力をあげる方法である

私たちが生きるために必要な力である生命力は、脳(自律神経中枢)の力です。

生命力の低下の原因 脳(自律神経)への持続的圧迫ストレスと血行障害による、栄養、酸素の供給不足と炭酸ガスと老廃物の貯留
免疫力の低下の原因 全身の細胞の代謝障害と自律神経の機能低下による生命力の低下

脳が本来の力を発揮できるかどうかは、
‘脳呼吸’が正常に行われているかどうかにかかっています!

≪脳呼吸のメカニズム≫
脳の血流が盛んになると、脳の脈絡叢というところで脳脊髄液(CSF)が作られます。
脳脊髄液がつくられると同時にその圧力で頭が膨らみ、頭蓋骨の弾力性によって全身に向けて押し出され、脊髄神経の鞘を通って全身に送られていくと同時に頭が小さくなります。

現在多くの人の生命力・免疫力が極端に低下しています。
その原因は脳呼吸不全です。

脳呼吸法とは、全身の細胞の代謝を改善する事と
自律神経中枢の持続的圧迫ストレスを解除し、
血行を改善して生命力をアップさせる方法です

脳呼吸法の一つであるソフトブロックテクニック第三者機関で脳の血行の改善と脳細胞の活性化が認められた世界初、世界唯一の方法であり、ソフトブロックの応用である脳呼吸枕も、脳の血行改善が第三者によって証明されています。

脳の血行改善は生命力の向上を意味し、
免疫力を上げる事につながるのです!

どこに行っても良くならない、何をやっても治らない人を紹介してください。これが当院のキャッチフレーズです。

どこに行っても良くならない、何をやっても治らない人を紹介してください。これが当院のキャッチフレーズです。 どこに行っても良くならない、何をやっても治らない人を紹介してください。これが当院のキャッチフレーズです。 どこに行っても良くならない、何をやっても治らない人を紹介してください。これが当院のキャッチフレーズです。

宮野治療院では、脳脊髄液調整法により、脳・自律神経を活性化させ、痛みや原因不明の難病、うつ等を治療しています。
人間が本来持つ免疫力や自然治癒力、生命力を最大限に高め、あなたを健康へと導きます。

当院の特徴 治療内容を見る 第三者機関による科学的実証データ

こんな事で悩んでいませんか?

どこに行っても良くならない、原因が知りたい うつ、ひきこもり、社会復帰したい 子供がキレる、パニック障害、落ち着きがない 認知症 頭痛、ふらつき 不眠、ぐっすり眠りたい 冷え性 腰痛(難治なもの) 肥満
はじめての方へ 患者様の声 よくある質問

無料説明会

あなたの身体のお悩みを身体と健康のプロが答えます!ご自宅でもできる簡単で大きな効果のあるホームケアや脳脊髄液調整法をお教えするとともに、無料体験カードを差し上げます。

当院紹介

脳脊髄液調整法により原因不明の原因を治します!
新しい治療理論で免疫力を上げて、痛みや難病、うつを治します!
ぜひ、お気軽にご相談ください。


患者様へのお知らせ


メールでのご連絡はこちら 当院詳細はこちら
PAGETOP